無かったら困るTシャツ

誰にでも似合うようで実は誰にも似合わないのかもしれないTシャツ。
旅行のお土産とかにもとても便利ですが、
逆に変なTシャツをもらったら困るのがTシャツです。

 

昔よく格好いい男の子は白いTシャツ姿でも格好いい、
などと言いましたが実はTシャツを着ていなくても格好いいわけだから
Tシャツはやはり要らないよな、とかTシャツの評価はそんなもんです。

 

同じ形に見えても素材は様々、
流行によって大きさや形もいろいろありますが、
「安い」という点においてどんな服にも負けないアドバンテージがあります。

 

またもっとも安く「おそろい」が作れるユニフォームでもあり、
くたびれたら部屋着やパジャマにもなる優れものです。
介護の仕事をしている人にはわかるかもしれませんが、
実は着易いようで着づらい面もあります。

 

でも伸縮性があるのでちょっとぐらい太ったりやせたりしても着られるし、
捨てるのに罪悪感も持たなくてすむ、収納もかさばらない、
下着にできる、などあげだしたらきりが無いほどの長所をもつ永遠の「服」がTシャツです。
ただしよっぽど長いものでもなければ単体では着れません。
ボトムスが必要ですよね。